2005/12/07

小物を塗装。バターミルクペイント&オスモカラー

今日は、ペイントDay(?)です。
ビーズ刺繍のフレームをアンティーク風にアレンジ 先日作ったビーズ刺繍を入れたフレームを、アンティーク風にペイントしました。
ペイントと言っても白いペンキを指につけて擦るだけ。
合板に水色がベタ塗りされていただけの味気ないフレームが、木製のアンティークっぽい雰囲気に仕上がったなぁと自画自賛。
水色の上に白を塗ってるのに、水色が剥げた下から白がのぞいてるようで不思議ですね。
(塗装前の写真はこちらのページにあります。)
ミルクで作られた塗料バターミルクペイント Sサイズ ちなみに使ったペンキはOld Villageバターミルクペイントという水性の自然塗料で、マットな質感になります。
水で薄めて使うこともできるし、木や金属にも塗装ができるので、アクリル絵の具のような使い心地でした。
また、この塗料は本当に無臭!臭くないから家の中で作業ができて、寒い日にはもってこいです。
洋ナシのカードスタンド:塗装前 毎度お馴染みの100円均一で買った「洋ナシ型の木製カードスタンド」も塗装しました。
余談ですが、これと全く同じようなペーパーウェイトが行きつけの雑貨屋さんに1200円ほどで売られていたのでビックリ。
←こっちは購入時の無塗装の状態です。
洋ナシのカードスタンド:塗装後 ←こっちは、オスモカラー・ノーマルクリアーをティッシュに着けて磨き、10分ほどおいてから乾拭きしたもの。
ワックスはクリア色ですが、木がオイルを吸い込むため多少色が暗くなっています。表面にはうっすらと艶があり、手触りがツルツルになります。
ほとんど自己満足の世界ですが・・・(汗)

0 件のコメント:

コメントを投稿