2007/05/20

5月のベランダガーデンと挿し芽ボックス

苗から購入したデルフィニウムは、白と紫の花が咲きました。
白花は、これから開くところです。
紫のほうは早く咲いたので、切花にしてキッチンのカウンターに飾っています。
一緒に花器に入っているのは、オリズルランのランナーの先にできた子株です。
アッツザクラの花が咲きました。
冬は地上部が完全になくなるので間違えて捨ててしまうところでしたが、春先からにょきにょきと葉っぱがでてきて、あっという間に薄桃色の花が咲きました。
とても可愛らしい花ですよ。
こちらは昨年の冬前に苗で買ったダイアンサス(ナデシコ)です。
5月になってから、とても綺麗に咲いています。
1株70円もしませんでしたが、2株で十分楽しめる量になったのでお値打ちですね。
球根から育てている、アリウム“ロゼウム”です。
1cmにも満たない小さな花が20弱集まって、一つの花になっています。
華やかではないけれど、可愛らしい花です。
植え替えてからめっきり花を咲かせなくなったエニシダですが、ゴールデンウィークを過ぎた辺りからまた復活しました。
ネットで調べてみると、この時期の植替えは×だったのに知らずにやってしまい心配していたのですが、また花が咲いてくれたのでほっとしました。
この小さな花畑は『挿し芽ボックス』(笑)です。
取っ手付きトレイに、バーミキュライトを入れたブリキの鉢を入れてあります。
挿し芽で苗をふやすというよりは、剪定した花芽つきの枝がもったいないので、残りの花を咲かせようという趣旨でやっています。
ベランダのガーデンテーブルの上において、楽しんでいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿