2008/04/24

海外旅行記・ウィーン編 その2

4月7日(月)、曇り。お昼のウィーン。
シェーンブルン宮殿を後に、U-Buhn(U4)でKarlsplatz駅へ。U1に乗り換えてStephansplatz駅へ。
地上に出ると、そこにはいきなりシュテファン寺院が聳え立っていました。

残念ながら修復中で一部幕がかかっていましたが、こんな街中に歴史ある巨大な建物が建っていること。またその下を地下鉄が通っていること。
日本ではなかなか見られない光景ですねぇ。

中には入っていませんが、モザイク屋根がとても綺麗でした。
次に、お昼ご飯代わりにカフェでケーキとアインシュペナー(生クリームがのっかったコーヒー)をいただきました。
友達オススメの“L. Heiner Wollzeile”(ハイナーカフェ)です。

いくつかお店があるらしいのですが、シュテファン寺院の裏手あたりにあるお店に行きました。

小さなテーブルと小さなイスが可愛いお店で、欲張ってケーキを2個も平らげました。
チョコレートのケーキは私には甘すぎましたが、イチゴのケーキはとても美味しかったです。
そして、ここで思ったのが「ドイツ語ってこんなに優しいんだぁ」ってことです。
ドイツ語ってなんだかイカついイメージがあったのですが、店員さんの穏やかなドイツ語にイメージを覆されたのでした。

食後にフラっと町歩き。
仕掛け時計で有名な(って、仕掛けは見てないんだけど)アンカー時計を見たり、路上駐車してある車のナンバーが可愛いとか言って写真を撮ったりしながら、Graben通りへ。

シュテファン寺院を背に、Graben通り(というか広場)を進むとペスト記念碑が建っています。
まっすぐ行って突き当りを左へ続く道がKohlmarkt通りで、そこにはもう王宮のミヒャエル門が見えています。
Kohlmarkt通りには、世界のブランドショップが並び、その中にチョコレートで有名なデメルもありました。
ネコが舌を出したパッケージ。あれ、好きなんですよねー

さて、王宮はもうすぐです


0 件のコメント:

コメントを投稿