2008/04/27

海外旅行記・ウィーン編 その4

4月7日(月)、曇り時々晴れ。夕方のウィーン。
ヒカリ物を堪能し、幸せな気分に浸りながら王宮宝物館を後に。
中庭に戻り先へ進むと、左手に新王宮が見えます。
新王宮の前にはオイゲン公像が建ち、建物の中にはいろいろな博物館があります。
また、オイゲン公像の向かいにはカール大公像が建っており、そのまわりの芝生の敷地がヘルデン広場です。
お天気も良くなってきて、広場では犬を連れた人達がのんびりと過ごしていました。
向こうのほうには市庁舎の建物も見えています。


ブルク門をくぐり、美術史博物館や自然史博物館の前を左折。
王宮の敷地を回りこむと、そこには国会議事堂があります。
観光用の馬車がパッカパッカと通り過ぎました。

余談ですが、途中で猛スピードの自転車に煽られました。が、ウィーンには自転車専用道というのがあるんですねぇ。
私たちがそこを横切ったので、自転車乗りが怒った様子でした。
皆さんも、ウィーンに行かれたら暴走自転車にお気をつけ下さい。

国歌議事堂の向かいには、フォルクス庭園があります。
王宮の敷地内なんですが、外からも入れました。

真中には小さな神殿風建物(近くで見ると不細工な建物でしたが…)、
奥のほうにはシシィ像がありました。シシィというのはエリーザベトの愛称でしたね。
ちなみに、この庭園にはシェーンブルン宮殿の庭よりも、いい花が植わっていました。

庭園から王宮の敷地を出ると、総理府に出ます。大使館もいくつかありました。
どの建物も立派で、大くて頑丈なドアがかっこいい。
ヨーロッパの建物って大好きです。
シュテファン寺院まで戻り、近くの“Zum Figlmüller”というレストランに入りました。
夕食として、顔より大きなシュニッツェル(ミラノ風カツレツと同じような、薄っぺらいトンカツ)とビールを完食。
「こんな大きいのん、全部食べられへんわ~」って言ってたのは誰?^^;
セットのサラダにかかっていたドレッシングもすっごく美味しかったです。
この日は、早めにホテルに帰って就寝しました。

2 件のコメント:

  1. ��この庭園にはシェーンブルン宮殿の庭よりも、いい花が植わっていました

    さすが見るところが一味違いますな。

    返信削除
  2. ウィーンの街中はひどかったよー。
    珍しく花壇を見つけたと思ったら、花は安いパンジーで、日の当たらない場所で、しかもめちゃくちゃに踏み荒らされてた。犬かな?
    そう思うと、日本はどこも花がいっぱいで綺麗な国だと思います。

    返信削除