2008/04/20

海外旅行記・プラハ編 その5

4月5日(土)、曇り。夜のプラハ。
夕方、一旦ホテルに帰ってウダウダしているうちに、もう夜の7時になってしまいました。
ご飯を食べようと、ホテルを出て、またまた旧市街のHusova通りへ。

街を歩いていると、夕暮れに染まるティーン教会が見えました。

旧市街広場から少しはなれた場所からでも、ティーン教会の尖った塔が見えるときがあります。

おとぎ話に出てくるお城のようにも思えました。
夕飯は、昼間に来たカフェのすぐ近くのU Zlatěho Jablkaというレストランに入りました。
向かいにある金の虎のビアホールは混雑していましたが、こちらのお店はガラガラでした。
でも、お手ごろ価格で念願の美味しいビールとグヤーシュにありつき、プラハ最後の夕食に満足したのでした。

ご飯を食べてお店を出ると、外はもう真っ暗。
お店近くのカレル橋で、夜景を撮影してからホテルに帰りました。

カレル橋から見たプラハ城の夜景、綺麗だったなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿