2008/06/08

女神の名を持つユリ

スカシユリ“アフロディーテ”が咲きました。
アフロディテと言えば愛と美の女神の名前。
ピンク~オレンジの少し色褪せたような風合いが、アンティークっぽくて素敵です。
ユリにはスカシユリのほかにも、テッポウユリ、オリエンタル、LAなど種類があって迷いましたが、私はユリ初挑戦だったので、安価かつ上を向いて咲く種類=スカシユリを選びました。
今年も来ました。バラに続いてクレマチスの時期です。
昨年よりもさらにつぼみがふえて、もうすぐ開きそうです。
昨年の様子一昨年の様子
これって、アマリリスですよね?
前の家から母が持ってきたんだとは思うのですが、昨年も咲いてたっけ?
あまり好きな花でないためか、記憶に薄い・・・
しかも、咲いてから随分たって撮った写真です。
これも品種を忘れてしまいましたが、ペチュニアには間違いないと思います。
一株で30cm鉢いっぱいになる、という謳い文句で売られていました。
宣伝どおり、初春に植えた小さい苗が今では鉢いっぱいに広がっています。
昨年植えたミリオンベルの生き残りです。
挿し目でふやした苗を、秋に鉢に植え替えて、ビニールをかけて冬越ししたものです。
一方、ブルーの花はアズーロです。これも同じ方法で冬越ししました。
ミリオンベルは貧弱ですが、アズーロはものすごい勢いで花が咲いてます。


0 件のコメント:

コメントを投稿